日本とインドで新年のお祝い

あけましておめでとうございます。 世界どこでも年がかわるのは一般的に一月一日である。また、一部のアジア諸国でお新年は陰暦や季節に基づいて伝統的な方法においわいするのこともある。現代は太陽暦に基づいて一月一日に新年のお祝いは世界共通である。日本語で、一月は睦月とも呼ばれている。正月は家族や親戚が往来して、みんな一緒に楽しむ。というわけで、この名がつけられた。インドで一月一日は家族や友達とパーティーをする。実は伝統的に新年のお祝いは地方によりべつべつの日に行われている。新年はヒンドゥー暦に基づき、毎年日にちが変わっている。このようにインドで十七以上ぐらいの新年が存在している。その中で全国的に人気がある新年のお祝いはディワリというお祭りである。 日本では年神様を受容するため年末年始に様々な正月行事が生まれた。一番最初の風習は大掃除である。元旦までにおわれる、大掃除はただの掃除ではない。これは福をもたらす年神様を家に迎える前の準備だから、皆は心を込めてそうじをすることである。昔は江戸時代に、大掃除はすす払いと呼ばれ、12月13日に行われていた。ディワリの日の前も家をきれいにすることである。当日はみんな新しい服をきて新年に期待する。 日本で元旦には年神様が新しい年に実りをもたらし、一年の幸いを受けてくれる神様である。神様を家に迎え入れるために家の玄関に門松を飾る。玉飾りは家の玄関や神社とお寺の門の前にかざるまのである。水道には輪飾りや車には注連飾りもかざる。花は松、竹、梅 で作られたお正月の生け花が見事なものである。ディワリに家と神棚に花や飾り物などをかざる。床に砂絵を描き、夕方から夜にかけて、みんな楽しんで花火を打ち上げる。イルミナションが一番楽しみだ。ディワリのとき家がピカピカにかがやく。神様の前や安全なところに数々のランプを灯してあくまや邪気が家に入らないようにしている。 日本では新年になって初めて神社やお寺にお参りのは初詣といわれている。ディワリには主に自宅で神様のまえ祈ろことだ。日本では神様に供えて食べる丸い形の鏡餅が新しい生命力をいただくといわれている。インドでも同じように神様に供えて食べる甘いお菓子の多くのタイプがある。日本でお正月に食べるのはお節供で、ディワリに好きな料理を家で作ってたべることである。 ディワリの面白い点といえば家族や友達とトランプゲームをすることである。これはディワリの行事のひとつである。なぜかというのはかけごとにより富をえることを思われているからだ。 インドと日本の新年のお祝いの方法が違うだけど目的が一生だ。